抜くという方法

抜くという方法

ムダ毛の自己処理方法の中でもカミソリと同様に一般的に多く行われている方法は毛を抜くという方法です。

多くの方は指や眉などの細かな部分のみ毛抜きで処理しているという意見が多いようですが、中には全て抜くという手段をとっている方もいるようです。
しかし残念ながらムダ毛を自己処理する方法の中で「抜く」という方法はほぼデメリットしかないのが現実です。

 

 

抜くという方法をとって肌にトラブルを抱えてしまったという方も少なくないのではないでしょうか。
毛を抜くということは生えているものを根元から無理やり引っこ抜くということですが、どうしてそうすることで肌のトラブルとなるのでしょうか。
無理やり毛を根元から抜くということはそれだけ皮膚にも負担を与えているということになります。

 

 

それでも永久脱毛をしていない限りは毛は再び生えてくるのが普通です。

すると炎症している肌は毛が抜けた毛穴を中心にその部分をなんとか治そうと働くため、これから毛が生えてくるにも関わらず、無理やりその毛穴を閉じてしまおうとする可能性が非常に高いのです。

すると自己処理のトラブルの定番、「埋没毛」になってしまうということです。

 

 

肌トラブルで炎症しているだけならその場で冷やしたり保湿することである程度改善されますが、埋没毛となると次の処理が大変になることはもちろん、炎症がなかなか治まりにくくなってしまいます。
自己処理をしているうちに毛穴が黒ずんで見えたり、ぶつぶつした触りごごちになってしまう原因にこの埋没毛もひとつとして挙げられます。

 

 

一見、お金もかからず気になるところを手軽に処理できるメリットのある処理方法だと思いがちですが、毛を抜くという処理方法はとてもリスキーでデメリットがかたちとなって表れやすい危険な方法です。
永久脱毛の処理をしていてスルスルと抜けるような毛を軽く抜くことは問題ありませんが、根元がしっかりとした毛を無理やり毛抜きなどで抜くという手段はできるだけとらないようにすることが望ましいでしょう。

 

 

キレイな肌を手に入れたいと考えている方は毛を無理やり抜くという行動がかえって肌への負担やダメージになり理想に近づくことが難しくなってしまうということを良く理解しておいたほうが良いのではないでしょうか。
どうしても抜く方法が良いという方は処理の前後でしっかりと肌をケアをするようにし、肌に異常を感じたら無理に処理を続けず皮膚科などで医師の診断を仰ぐようにしましょう。