シェーバータイプの脱毛器

シェーバータイプの脱毛器

ひとことで脱毛器といってもエステやサロンのように光やレーザーを使った少し高額のものから、シェーバーと一緒になった毛を抜くタイプの脱毛器まで種類はさまざまです。

一般的にはコストの面や利便性から毛を抜くタイプの脱毛器を使っているという方が多いようです。

毛の生える量や早さはかなり個人差があるため、もともと薄いという方うあ一度の処理であまり生えてこないという方はシェーバータイプで何週間かに一度剃ったり抜いたりするだけで済むようですね。

 

 

シェーバータイプの剃るほうではカミソリに比べて同じ剃るという処理法でも肌を傷つけないようになっているため、ダメージはかなり少なく済みそうです。
しかし、カミソリ同様ににあくまで表面に見えている部分の毛を剃っているだけなのですぐに生えてきてしまいます。
抜く機能がついたシェーバータイプなら抜くまえに短くするために剃っておくいことで抜くときの痛みを軽減させることが可能となります。

 

 

シェーバータイプの抜く作業では毛抜きなどで抜くのとは異なり、毛穴周りをしっかり抑えてから抜くことができるので負担は少なくなります。
また、剃るだけに比べれば根元から抜くことができるため次に生えてくるまでに多少時間ができます。
さらに、最近のシェーバーは浴室で濡れた状態でも使用できるものもあり、ソープを使ってすべりを良くしたりお湯で肌を温めることで毛穴を開き、より痛みを軽減させることもできるようになりました。

 

 

シェーバータイプの脱毛器は剃るだけのタイプなら1000円から1万円しないものまであり、抜く機能がつき、かつ浴室で使えるタイプとなると8000円から20000円ほどまで幅広くあります。
抜く機能がついたものは一見高額に感じるかもしれませんが、長期的に考えたとき最初に払ってしまえば追加して支払う必要がないのでコスト面でも決して悪いものではないのではないでしょうか。

 

 

もともと肌が弱い、乾燥しやすいという方はカミソリやクリームを使うよりもシェーバータイプの脱毛器のほうが肌に負担なくムダ毛の処理ができるかもしれません。
毎日カミソリを使っているという方などでも週に一度はカミソリであとはシェーバーにするなどしたほうが肌のためには良いかもしれませんね。

 

 

一概にはいえませんが、もともと全体的に毛が薄いという方や一度処理すればそんなにムダ毛が気にならないという方ならシェーバーでのお手入れが向いているのではないでしょうか。

 

部位によって処理方法をかえることで負担減

カミソリやクリーム、脱毛器などさまざまなムダ毛の処理方法があり、それぞれメリットどデメリットがありますが、部位にあわせてメリットを生かした処理をすることで肌への負担を軽減することができるはずです。
顔から足までできることなら気を抜かずに処理したいものです。
顔は処理していないという方が実は多い箇所ですが、本来顔はひげだけではなく、産毛を処理することでメイクののりが良くなるというメリットがあります。

 

 

顔のひげ、産毛の自己処理をするならまずはしっかりと保湿をすることが大切です。
しっかり保湿をした後で毛流れに沿って顔などの細かな部分に使うようのミニカミソリ(エル字型など)で剃ると良いです。
しかし、顔の肌はもともと敏感なので何度も同じ箇所を剃るとかえって負担になってしまうのであくまで一箇所につき一度剃るようにしましょう。

 

 

自己処理で毎日沿っているという方も多い部位は脇ですが、脇もデリケートな肌質なため毎日剃るという行為を続けていくと黒ずみのもとにもなります。
特にカミソリで毎日剃るとより負担を受けやすいので剃るならシェーバーを使う方法が良いかもしれません。

顔のときと同様に予め保湿をし、四方向から細かくシェービングすることが望ましいでしょう。

脇の毛はもともと太いという方も多いため、クリームなどよりもなるべく間隔をあけてシェービングすると良いです。

 

 

腕や指、処理の難しい背中などは毛が細いことがほとんどなため、クリームやワックス、ローションなどを使ってなるべく少ない頻度で処理するようにしたほうが良いでしょう。
毛が細い分根元から処理できるクリームやワックスなどで根元から処理するようにしたほうが何度も処理する必要がなくなり、肌への負担も減らすことができます。

 

 

女性なら露出する機会も増えてしまう足のムダ毛に関しては処理しやすい部位なのでカミソリで丁寧に処理すると早いです。

一番神経を使いやすい部位なのでしっかりと保湿したあとに毛流れに沿って処理していきましょう。

曲げたりするひざやひざ裏は怪我をしやすいのでシェーバーを使って細かくシェービングすると安心して処理することができるはずです。

 

 

最近では処理することが当たり前になってきているデリケートゾーンはクリームかワックスが最も効果が高いです。
デリケートゾーンは濃いく太い毛が生えやすい部位なため、クリームでは毛が残りやすくなります。
一瞬の痛みはありますが何度もカミソリで処理を繰り返して黒ずんでしまうよりもワックスで根元からキレイに抜いてしまったほうが良いでしょう。

 

 

どの部位の処理でもそうですが、必ず処理前に保湿し、処理後もアフターケアとして必ず保湿するようにすることが欠かせません。